「シボレー」の人気車種

1950年代に発売されたベルエアやコルベットは人気を博しました。
元々シボレーは、ゼネラルモーターズのブランドの中でも下位グレードのメーカーでしたが、この影響により、世界中にファンをもつ人気ブランドまで地位を築きあげていきます。
その当時に作られたシボレー車はビンテージカーとして、今もなお高い価値と評価を得ています。
現在のシボレーの代表車種といえば、「サバーバン」。
この「サバーバン」は1933年に誕生。
シボレーの最大の特徴である、大排気量、大きなボディが魅力的な車種で、シボレーのSUVでは最も大きなボディです。
しかも日本車では見られない大きさで、アメ車ならではといえるでしょう。
また、アメリカで最も長く生産されている車種の一つでもあり、10回以上モデルチェンジされています。
アメリカの軍やシークレットサービスに使われているのもこの「サバーバン」で、アメリカの販売店では装甲化のオプションもあります。