「シボレー」マークの由来

シボレーのマークは、そのデザインからボウタイと言う相性で親しまれています。
創業者である、ウィリアム・デュラントによって、1913年に採用されました。
なぜこのマークに決まったかは、さまざまな説がありますが、その中からいくつかをご紹介します。
まず、一つ目が、ウィリアム・デュラントがフランス滞在中に宿泊したホテルの壁紙からインスピレーションを得たという説。
2つ目が、ウィリアム・デュラントが自分で考えた複数のネームプレートのデザインから選んだ説。
三つ目が、当時新聞に掲載されていた着火用の精製燃料製 「Coalettes」の広告からヒントを得たという説。
四つ目が、スイス生まれであるルイ・シボレーがスイス国旗のデザインからヒントを得たという説。
どれが本当なのかははっきりとしていませんが、1913年に採用されてから、マークの基本的な形状は全く変わっていません。
2004年からは、全世界っで販売されている全ての車種に現在のゴールドのマークが使われ始めました。